ポリピュアEXシャンプーとスカルプDを比較~洗浄力と効果はどっちが良い?

ポリピュアEXシャンプー

ポリピュアEXシャンプーは、ネット通販専門の育毛剤で、累計350万本売れているという「ポリピュアEX」の派生アイテムであり、さらにわたしが見つけたときにはちょうどリニューアルされて、これまでとは全く違う新しいスペックになったことに興味を持ち、使ってみることにしました。

正直最初は名前すら知らないこともあるし、広告には「シャキッと決まるハリとコシ!絶妙な爽快感と清涼感!」など、洗浄力が強いイメージもあり、そこまで期待はしていませんでした。

しかし、スペックについて調べてみると、頭皮環境の細かいトラブルに対応できる成分配合であり、使い続けてみると意外や意外、洗浄力だけではない、頭ケア優しい仕上がりを実感することができました。

スカルプDと比較しながら、どんな人に合いそうなのか実際の使用感や口コミを交えながらご紹介したいと思います。

  • 商品名:ポリピュアスカルプシャンプー
  • メーカー;シーエスシー株式会社
  • 価格:1本3800円(税込)
  • 内容量:350ml
  • 使用量:1回2プッシュで約2カ月分

時間とお金に対する効率性の高さがスカルプDと決定的に違うポイント

まずポリピュアシャンプーの最大の特徴は、時間とお金に対してとにかく「効率的」であるということ。
広告をみると「シャンプー・トリートメントコンディショナー」とでかでかと書かれており、スカルプDでは別々になっているシャンプーとコンディショナーが1本で完結するどころか、髪の毛を補修するトリートメント効果もワンストップで行える効率性の高さが目を引きます。

トップページや、スカルプの洗髪方法のページでも書いていますが、スカルプDでシャンプーからコンディショナーまでを本気で行うと、2度洗いや頭皮パックなどを経て軽く20分以上はかかってしまいます。一回で終わらすことができる分、シャンプー時間が短縮することは目に見えていますね。

わたしのようなモノグサな人間には頭皮ケアもできてラクに洗髪ができるスグレモノのように見えます(笑

さらにボトルにも「OILY+DRY」と書いてあるように脂性肌であろうと乾性肌であろうとオールマイティで使えるという利点もあります。

スカルプDを使ってわかったことですが、自分で肌質を見極めるのは極端に脂っぽいかカサカサ状態を除いて意外とわかりにくいものです。

分けている方が親切に見えますが、使ってみたら意外と自分の肌質に合わなかった…、また季節によって肌質が変わるということもあるので、その度に使い分けないといけない、その点ポリピュアシャンプーは、一点モノなので選択の手間も省いてくれる利点があります。

内容量もスカルプDと同じ350mlで、価格も同じ3500円、表面上のスペックは全く同じですが、スカルプDで必要だったコンディショナーの費用がまるまる浮きますので、コストパフォーマンスも単純に半分になり、お金の面でも非常に効率的といえます。

もちろん、効率が良いだけで、品質が伴ってなかったら安物買いの銭失いになるので、次は配合成分についてじっくり分析してみました。

洗浄成分は少ないものの、有効成分、保湿成分はスカルプDより多い成分数

ポリピュアシャンプーには、水を除くと全部で61種類もの成分が配合されています。

今まで多いと思っていたスカルプDでさえ、53種類(乾性肌用)、44種類(脂性肌用)なので、肌タイプを問わない分、対応できそうな成分をすべて入れこんでいる感じですね。おそらく日本で発売されているスカルプシャンプーを見ても最大級の配合量ではないでしょうか?

具体的にそれぞれ特徴的な成分ごとに分析してみます。

有効成分はほぼ内容が拮抗

ポリピュアスカルプシャンプー スカルプD
ピロクトンオラミン 殺菌
グリチルリチン酸2K 抗炎症剤
サリチル酸 皮膚柔軟化
トコフェロール酢酸エステル( ビタミンE)、抗炎症、酸化防止剤
ピロクトンオラミンふけ・かゆみを防ぐ
グリチルリチン酸2K 肌荒れ防止
サリチル酸(脂性肌用のみ)
アラントイン 肌の補修(乾燥肌用のみ)

医薬部外品に指定されているシャンプーに配合されていて効果効能が厚生労働省によって認定されている成分です。トップページにも書いていますが、頭皮のトラブルを改善するには最も有効な成分になるのでスカルプシャンプーを比べるときにはまずどれだけ配合されているか確認する必要がありますね。

ポリピュアシャンプーは、スカルプDの3つに比べ、1つ多い4つの有効成分が配合されていますね。スカルプD脂性肌用の有効成分に加え、トコフェロール酢酸エステルという成分が配合されています。

これはいわゆるビタミンEの一種で、炎症防止効果や酸化防止効果があるそうです。スカルプDにも先代(12代目)にはビタミンEが配合されていましたが、なぜ13代目になるとカットされていました。。

スカルプD乾性肌用に入っている傷んだ肌を補修するアラントインは配合されていませんが、炎症防止という観点ではほぼ同じ成分が両方ともに含まれているため、ほぼ内容は拮抗していると思われます。

洗浄成分はスカルプDの約半分の配合にとどまる

ポリピュアスカルプシャンプー スカルプD
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
ラウロイルメチル-β-アラニンNa液
ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液
ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液
スルホコハク酸ラウリル二ナトリウム
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液
加水分解ケラチン液
ヤシ油脂肪酸加水分解ケラチンカリウム液
モノラウリン酸ポリグリセリル
※乾性肌用のみ
N-混合脂肪酸(C12,C14)アシル-L-アスパラギン酸トリエタノールアミン液
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
※脂性肌用のみ
アルキル(8~16)グルコシド
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液

シャンプーの最も基本的な機能である洗浄成分ですが、単純に数だけで言えば、スカルプDの方が圧倒的に多い8つの成分が配合されています。対するポリピュアは約半分の4つと、洗浄成分の少なさは否めません。

ただ、洗浄成分が少ないから、シャンプーとして良くないということにはつながらず、洗浄力の強弱は相当に個人差によって感想が変わってきます。

わたしのようにスカルプDの乾性肌用を使っていても、どうしても髪のきしみや乾燥感が気になり、洗浄力が強すぎるのではないか?という場合もあるので、逆にこの少なさがほどよい洗浄力になっているのでは…と期待する場合もあります。

さらにポリピュアシャンプーの洗浄成分はいずれもヤシ油などから精製されたアミノ酸系の洗浄成分だけを使っているので、成分自体に極端な強い洗浄力がある成分は配合されていません。数と質、両面から見ても、洗浄力自体はスカルプDに比べて弱いことが想像できます。

頭皮や髪の細かなトラブル対応に傾斜した成分配合

ポリピュアスカルプシャンプー スカルプD
ビタミン類…ビタミンH
保湿…加水分解ヒアルロン酸、コラーゲン
消臭…柿タンニン
つや、質感向上…水解シルク液
毛髪ダメージ修復…水解イカスミエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
髪にハリ・コシを与える
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩 グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ヒドロキシプロピルキトサン液

頭皮環境正常化というのは、なにかを良くするのではなく、あくまで今起こっているトラブルを改善することが目標になります。
その点、ポリピュアシャンプーは、スカルプDよりも、より細かく頭皮や髪のトラブルに対応できる成分を多く配合していると思います。

スカルプDは髪のハリ・コシを与える目的がメインとなる成分配合ですが、ポリピュアシャンプーは実際に起こりそうな細かい悩み、例えば、髪の補修と、トリートメント効果が期待できる成分である水解イカスミエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、さらに頭皮のニオイに対処するため消臭効果のある柿タンニンを配合しています。
ニオイは、頭皮環境正常化のトラブル要因として悩む人も多いので、これにダイレクトに対応できる成分はうれしいですね。

さらに皮膚粘膜の生成に関係するビタミンH(ビオチン)やヒアルロン酸、コラーゲンなど、頭皮への栄養補給に近い成分も配合して、あくまで頭皮を正しい正常化に持っていこうという力強い意思をひしひしと感じることができます。

天然エキス成分の配合数は圧倒的。

ポリピュアスカルプシャンプー スカルプD
党参抽出物加水分解液、 豆乳発酵液、海藻エキス-1、水解イカスミエキス、オウバクエキス、イリス根エキス、ウメ果実エキス、オウゴンエキス、牡丹エキス、延命草エキス-1、シナノキエキス、オノニスエキス、山椒エキス、ハマナスエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、松エキス、ローズマリーエキスカモミラエキス-1、オトギリソウエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス 豆乳発酵液、党参抽出物加水分解液、ローヤルゼリー発酵液、 ニンジンエキス、カッコンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、酵母エキス(3)、クロレラエキス セイヨウニワトコエキス、ユーカリ油、ハッカ油 、オレンジ油 、スペアミント油
※乾性肌用のみ
酵母エキス(1)
※脂性肌用のみ
ヘチマエキス(1)、 アルテロモナス発酵エキス

そして、圧倒的に違うのが天然エキス成分。認可された有効成分でないにしろ、民間伝承などで効果がうたわれている、主に保湿や抗菌効果の拡大を狙って配合されている成分です。上にあげた化学成分よりは効果は弱まると思いますが、なんの根拠もないわけでもなさそうですし、なにより天然というイメージの良さがありますよね。

スカルプDは、おそらく香り付けと思われる精油成分を含めても18~19種類に対して、ポリピュアシャンプーはエキス類だけで26種類と圧倒的な量となっています。宣伝ページにも高保湿と書かれているので、配合量はそれを裏付ける内容となっていますね。

頭皮や髪に害になる成分は特になさそう

これだけ成分が多いのだから、逆に頭皮や髪に悪影響を与える成分はないのかな?と思って残りの成分について調べてみました。

まず、スカルプシャンプーではもう当たり前になったノンシリコン処方。その他にも添加物を含めて特に目立つ悪影響成分はありませんでした。

強いていえば、品質保持のために入るアルコール、無水エタノールは水の蒸散作用によって、肌の乾燥が進む場合がありますが、最終的にシャンプーの場合洗い流してしまいますし。スカルプDでも同じように入っていますし、珍しいということではありません。

このように成分の配合バランスをみても、ポリピュアシャンプーがシャンプーとしての洗浄性能よりも、いかに頭皮を保護し、頭皮環境正常化に力点を置いたアイテムであることは明らかですね。

しかし、ただ単に配合成分が多くても、洗浄成分は少ないのでシャンプーとしての洗い上がりが良くなかったら使い物にはならないですし、その成分の配合数や濃度に見合う効果(頭皮環境がよくなる)ことが期待できなければただの見掛け倒しになります。

カタログスペック上はスカルプDを凌ぐ良さが感じられたので、購入してじっくり使ってみることにしました。

ポリピュアシャンプーを使い続けてのトータル使用感は?

実際手元に届いてみると、同じ容量なのにスカルプDを一回り小さくしたような黒いボトルが届きました。

その日のお風呂で早速、使ってみることにします。
ノズルをぴゅっと軽く押すと、ドロっとした透明オレンジ色の液体がでてきました。
と、同時に柑橘系の香りがほのかにただよいます。
例えるなら、明治の果汁グミ(オレンジ味)のような香りでしょうか。すこしお菓子っぽい甘い柑橘系のニオイです。

使用方法は至って普通、まずお湯で濡らしてから適量をとってマッサージするように泡立て、よくすすぐと書かれています。リンス、コンディショナーは必要ないと改めて明記してあることが、ワンストップで終わることへの自信を感じさせます。

泡立ちは、スカルプDの半分くらいで多めに使うことが人によって必要かも。

手で液体をよく延ばしてから髪につけて泡立ててみましたが、スカルプDのようにいきなりモコモコ…という状態にはなりません。同じくらいの時間をかけて泡立ててみましたが、量としてはスカルプDの半分くらい、縦にどんどんうず高くなるわけではなく、横に泡が寝るように広がっていく感じです。

その代わり、スカルプDは量が多すぎてダラリと顔にたれてくるのに対して、ポリピュアシャンプーは、泡の硬さと程よい量によって垂れることはありません。

これがいいのか悪いのかは個人の受け止め方によって変わると思います
わたしの場合は、泡が多すぎてもあとのすすぎが面倒になるので、ほどよい量だととらえることができます。

逆にとにかくたくさん泡立てたいと考える人にとっては適量では物足りないと感じるのではないでしょうか?その場合は追加でプッシュすることで泡の量が増えていくので、多めに使ってみる必要がありますね。

すすぎは短時間ですべての泡を落とせてラクに終わる

スカルプDの頭皮パックのように特に時間を置く必要もないので、泡立てたら早速すすいでいきます。
泡の量と比例しますが、やっぱりすすぎはとてもラクです。スカルプDより全然時間がかからず、さっと済ませることができます。

泡がまとわりついてヌメリや液残りを感じることもないので、かなり時短して終わることができました。お湯も節約できて一石二鳥です(笑

メントール感も相まってスッキリしっとりとした洗い上がり

すべてを洗い上げたあとにほのかなメントール感が漂って頭皮がスースーした感じ、これはまさしくスカルプDコンディショナーと同じ感触。数分で消えていくので、それほど強いものではありませんが、すっきり感を高める効果はありますね。

コンディショナーしてないけど、本当に髪や頭皮はしっとりするのだろうか…と心配していましたが、それは杞憂に終わりました。

髪のパサツキはほとんどなく、頭皮にはどことなくしっとり感が残っています。さすがにスカルプDシャンプー+コンディショナーと同じ仕上がりとはいきませんが、限りなく近いうるおい感があり、違和感は全く感じません。「どことなくカサカサするなぁ」という乾燥感もありませんでした。

成分のラインナップから見て高保湿で頭皮を保護してくれるのは間違いなさそうです。 フケの量も少なくなったようですし、カユミなども使い始めてからは起こることはありません。

ちなみに翌朝だと、スカルプDシャンプーや安いシャンプーの場合は起きたときにはドリフ大爆笑のような爆発状態になっていましたが、ポリピュアでは寝グセがほとんどつかず、髪のセットもはやくまとめることができました。

購入者の口コミはまだ少ないが総じて4つ星以上の好評価

ワタシは、かなりポリピュアシャンプーに好感触なのですが、では購入者の口コミや評判はどうなのだろう?と調べてみました。

ただ、ポリピュアシャンプーは2017年の6月にリニューアルして発売されたばかり。あいにく調べた時点では、現在のポリピュアシャンプーに紐付いたレビュー数がありません。

楽天ではリニューアル前の口コミをふくめて73件、アマゾンカスタマーレビューに至っては0件です(泣)

一応楽天で調べてみると5つ星評価では4.14とスカルプDと同じ水準ですが、さらに使用感についても言及されている口コミの内容について調べてみます。

洗い上りがとてもさっぱりします。痒みも減ってきました。

参照:ポリピュア...のレビュー・口コミ

以前、別ルートで購入して、かなり抜け毛が減ったのを実感したので続けて使用してみようと思いました☆3本続けて使えば更なる効果が期待できそうで楽しみです♪
今までも他社のスカルプを使ったりしていましたが、この商品が一番です☆

参照:ポリピュア...のレビュー・口コミ

20台前半の息子達にと買ったのですが、男女兼用のようだったので、まずは私が使ってみました。ロングヘアの私でも、洗っている最中は髪が絡まったりきしんだりすることなく、スルスルと指が通り、地肌はスッキリなのに、コンディショナーが要らないのではと思うほどしっとり洗い上がりました。

参照:ポリピュア...のレビュー・口コミ

いずれもリニューアル後のポリピュアシャンプーについての口コミですが、実際に使用感や効果について書かれた口コミだけを抽出すると、総じて好印象のようです。

コンディショナーが必要だったという口コミも見当たらないので、一回でオールマイティにできるお手軽さは間違いないようです。

また男性でなく、女性からも使用感が良いと書かれていたので、性別問わずニュートラルに対応できる成分配合なのかもしれませんね。

反対に悪い口コミについても調べてみたのですが、あいにくリニューアル前の商品に対する口コミしか見当たらず、1つ星や2つ星の評価は今のところ発見できていません。

特に洗浄力についてはスカルプDに比べて明らかに泡立ちが弱いので、指摘があってもよさそうですが、普段使いにおいては、ほどほど泡たてばやはり満足するレベルではあるのかなぁと思いました。

ポリピュアシャンプーをオススメできる人、できない人は?

ポリピュアシャンプーは、広告には、「毛穴をさっぱり洗い流す!」のような派手な宣伝がなされているものの、実際には洗浄力よりも、頭皮や髪の保護に重点を置いたスカルプシャンプーであることがわかりました。

トップページの最後にも書きましたが、洗浄力が強すぎて頭皮に本来残るべき皮脂や菌までもすべて洗い流してしまうと、逆に頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

また、最近では、洗いすぎが逆に薄毛を助長させてしまっていることが頭髪治療の専門医の方からも指摘されています。 その点を考えるとポリピュアシャンプーは、洗いすぎず、しっとり感を維持してくれるやさしいスカルプシャンプーといえるでしょう。

洗浄成分の少なさも皮脂を程よく残してくれると考えれば、理にかなった強さだと思います。

乾性肌の人には洗い上がりのしっとりとした優しさが実感できる

わたしが該当する乾性肌の場合、そのほどよい洗浄力と乾燥しにくい高保湿力からみてスカルプDよりも頭皮環境正常化という面においては最適なシャンプーなのでは?と考えます。

脂性肌の方は使用量を増やすなど工夫が必要かも?

反対に脂性肌の方の場合、がんこなベタベタ感がある人ほど、洗浄成分の少なさが災いしてスカルプシャンプーに期待するようなさっぱり感はそれほど感じることができないかもしれません。その場合は2度洗いや使用量を増やすことなどの調整が必要なのでは?と思います。

洗髪に時間をかけず、頭皮にも良いことしたい欲張りな人にも…

あとは、お手軽に時間をかけずスカルプシャンプーを利用したいという人にもうってつけではないでしょうか?スカルプDは実際使ってみると、2度洗いが必要だったり、頭皮パックをしたりと、忠実に実行すると洗髪時間がかなりかかってしまいます。

その点ポリピュアシャンプーは、普通のシャンプーとほぼ同じ手順ですすぎも早い、しかも1回でコンディショニング効果も実感できるので、確実に洗髪時間が短くなるのも利点だと思います。

公式ページ&楽天で購入して45日全額返金保証制度を利用して試してみる価値はあり。

最後に、もっとリーズナブルに買えるところはないのか?探してみましたが、やはりネット通販のみ、公式サイト、楽天市場、Amazonの3サイトでしか購入はできないようです。
価格も同じですので、これ以上安く…というのは期待できず、コスパを安くのであれば、3本まとめ買い、もしくは定期購入をすることを使うほかありません。

ただし、はじめて買う場合にかなり敷居が低くなるポリピュアシャンプー独自の制度があります。それが45日間全額返金保証制度。

これは買ってから45日間以内に申し込めばどんな理由でも、使い切っていてもボトルさえ送り返せば、購入代金を返金してくれるありがたいシステムです。育毛剤には割とついているシステムですが、シャンプーでこの制度をみかけるのは珍しいですね。

肌質や髪質はやはり人それぞれ個性があるので、例えわたしがおすすめしていても実際に使ってみたら洗浄力が気に入らないとか、すっきり感が足りないと言った使用感までは同じ感想になりえるとは思えません。

また、特に脂性肌の方がポリピュアシャンプーを使う場合は、その洗浄力の強さが自分にあっているのか一度試してもらったほうが良いのでは?と思います。

実際に楽天には全額返金保証を利用した方の口コミもあるので決して名ばかり制度ではないであろうと思います。

自分にはあっていなかった。全額返金保証はありがたいサービスと感じました。(使うとは思いませんでしたが・・・)

参照:ポリピュア...のレビュー・口コミ

少なくとも乾性肌のタイプの人にはオススメできるポリピュアシャンプー。スカルプDはじめ、いくつか使用してきましたが、現在のところ、続けてみたいスカルプシャンプーとして定期購入することを考えています。